一般社団法人シニア保証支援協会  
  身元保証・生活支援・葬送支援  
  ホーム身元保証生活支援葬送支援金銭管理費用契約の流れ  
 

  • 金銭預託管理

契約時の預かり金は、会員様から依頼があった場合のみ、生活支援費用・緊急時の支払いに使われます。会員様がご逝去された場合は葬送支援や納骨支援の費用を差し引いた後、相続人に返還されます。

*3ヵ月に一度、金銭預託管理の報告をさせて頂きます。

  • 金銭管理(希望者のみ)

判断能力がしっかりしていても、病気・ケガなどで銀行に行くことや細かな金銭管理が困難になることもございます。

ご自身で管理が難しい場合は民法上の委任契約により、弁護士や司法書士の専門家が、銀行通帳・カードなどをお預かりし入院費・施設利用料など支払代行を行うこともできます。

どの費用の財産をどのように管理してほしいか細かく指示できます。

*弁護士などの専門家と別途契約料が必要となります。

ページの上に戻る

成年後見制度 ( 任意・法定 ) に基づく手続き・公正証書遺言作成・遺言執行・相続の手続き など

ページの上に戻る

 
 

一般社団法人シニア保証支援協会

〒720-0076
広島県福山市本庄町中2-2-11 西岡事務所1F

 
 

© 一般社団法人シニア保証支援協会. All rights reserved.